• メソセラピーというのは何か

    メソセラピーというのは広い意味では薬剤を身体に注射する事による治療方法の事を指しますが、美容で用いられているメソセラピーという言葉の場合は意味を限定的なものとしていて脂肪溶解注射の事を意味しています。メソセラピーという言葉だと知らない人では何のことかが分かりにくいですが、脂肪溶解注射と分かれば説明しなくても分かるように脂肪を溶かすための注射を行う事でダイエット方法の一つとなっています。
    注射するだけなので短時間ですぐに終わり、身体への負担が少なくて済むお手軽な方法としてダイエットをする人たちの間で注目を集めている方法です。

    脂肪を溶かす薬剤を注射するというと体に何か問題が無いのかを心配する人もいますが、用いる薬剤というのは一般的にはホスファチジルコリンという大豆由来の成分を用いているので、大豆に対してアレルギーを持っている方の場合は他の方法を検討した方が良いですが、そうで無ければ安全性の高い成分なので安心して良いです。



    注射をすると脂肪がすぐに溶け出すという訳では無いので、脂肪吸引のようにその場ですぐに痩せられる訳ではありません。

    あなたのご要望に応じた教えて!gooの情報を今すぐ確認できます。

    時間をかけて徐々に脂肪が体外に排出されていくのです。

    即効性の面では脂肪溶解注射に劣りますが、注射をするだけなので手軽で身体への負担も少なくて済みます。
    一方、一度に注射できる薬剤の量には限りがあり、身体全体の脂肪を落としたいという場合にはあまり適していないです。つまり、手軽に気になる部分的な脂肪を落としたいという方に適しています。

    大阪梅田の美容整形外科に関するご質問を解決いたします。